自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

110 ンゲンテ、前編

セネガルで「ンゲンテ」とは、

赤ちゃんの命名式のことです。

 

この間、訪ねた村で、ンゲンテが行われていたので、どんな行事か体験してきました。

 

セネガルのこういった行事(命名式や結婚式)は、待ち時間が非常に長いと聞いていました。

 

今回体験したンゲンテも噂通り、待ち時間がほとんどでした。

朝から夕方まで会場は開かれていました。式はとてつもなく長いのです。

 

途中子供達と遊んだり、他の場所へ行ったりと時間をつぶしました。

待ち時間が、長い。

出入りが自由で、式という堅い感じはありません。

 

命名式というからには、主人公は赤ちゃんです。

f:id:yuta7watanabe:20190208053532j:image

会場には、人がわんさか集まっていて、前の方で、村のえらい人達が何やら話し込んでいました。

 

会場では、皿に特盛りのあったかいヨーグルトがかかったクスクスが振る舞われました。


f:id:yuta7watanabe:20190208054637j:image

f:id:yuta7watanabe:20190208054630j:image

あったかいヨーグルトは、日本人には馴染みがないですが、セネガル人はバクバクと食べていました。

子供達は手づかみでガンガン食べて、おかわりまでしてました。

 

しばらくすると、合図もなしに、えらい人の中に、パッと赤ちゃんが差し出されて、何やら会話がなされると、すぐに赤ちゃんは家の中へ戻されました。

 

赤ちゃんの登場シーンは、ものの数分で、

きちんと見えることなく、去っていきました。

 

その間、お祝いのためのご馳走である羊が後ろでさばかれていました。

f:id:yuta7watanabe:20190208054205j:image

こちらに気を取られていて、赤ちゃんの登場にすぐに気付かないレベルで、スッと登場していたのです。

 

この赤ちゃんの命名が行われている会場には、男の人だけしかいませんでした。

 

→つづく