自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

173 朝市

朝のマルシェ(市場)は、にぎわっています。

 

いつも、昼頃に行くと空いていて良いのです。

が、野菜は朝に良いものは既に売れていますので、残り物しかありません。

久しぶりの朝市では、人々の活気を感じました。

 

f:id:yuta7watanabe:20190917035052j:image

人が溢れています。

買い物に来ている人は女性ばかりで、みんな大きいバケツを持参しています。

バケツに大量の野菜を入れていく「買い物カゴ」なんです。

 

野菜のほとんどはシートの上に山積みに置かれています。

人によっては、袋をくれますが、袋を置いていない店も多いです。

 

ビニール袋は、日本では見ないほど、薄くて破れやすいです。

よく作ったな!と感心するほど薄いです。

野菜を何個か入れると、すぐにちぎれます。

私もマイバッグ持参というスタイルを選んでいます。

 

私が買い物をしていると、セネガル人は質問をしてきます。

 「誰が料理するの?」

私「私が作るよ。」

 「セネガル料理作れるの?」

私「日本の料理を作るよ。」

 

男性(私)が料理をすることに驚く人がいます。

女性が調理するのが当たり前という社会です。

男性の隊員は、食事に招待された場合は待ち時間が多く、ゆっくり過ごすのが基本です。

女性の隊員は、調理の準備から手伝いをするということが多いです。

 

料理といえば、セネガル人は、セネガル料理のイメージしか持っていない人が多いです。

そのため、日本の料理というとどんなものか分からない人が多いです。

 


f:id:yuta7watanabe:20190917035250j:image

f:id:yuta7watanabe:20190917035300j:image

朝の魚市場に初めて見学に行きました。

魚市場は狭い中にギュッとたくさんの魚を詰め込んだ場所で、人がとにかく密集していました。

朝にいくと、種類豊富な魚たちが置かれていました。

良いものは早い者勝ち、ということです。

 

マルシェは、私の家から2kmくらいの所にあります。

この2km離れたマルシェに行かないと野菜が買えません。

毎日必要な野菜を手に入れるための距離にしては、正直遠い距離です。

マルシェには、同じ野菜を売っている店が、同じ場所にずらーっと並んでいるので、

その中の1つが、私の家の近くで売ってくれたら、そこだけ繁盛するのになぁ。

 

そう思いながら、野菜を追い求めてマルシェへ通います。