自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

181 仲間替わらずに

小学校のクラスは、クラス替えなし。

 

例えば、ある小学校には、3年生のクラスが2クラスあります。

1クラスは50人。もう1クラスは56人います。

 

なぜ、人数がずれているのか?

1年生からクラス替えなしで、そのまま同じ子供たちのまま、学年が上がっていきます。

1年生から6年生まで上がるまでの間に、

何人かは途中で学校へ行くことを辞め、何人かは留年や転校をするため、2クラスの人数がずれていくのです。

  

先生もそのままエスカレーター式に同じクラスを担任することが多いです。

 

同じ先生が同じクラスの担任をし続けると、良いことも悪いこともあります。

同じ先生なので、授業の進め方が分かっていて見通しがもてることは良いことです。 

 

だけど、子供に合わない方法を続けてしまった場合、その子との関係はどんどん離れていってしまうことになります。

同じ先生が同じクラスをもつ場合は、どんどん新しい方法を取り入れていくことが必要だと思います。色んな方法を試していくということです。

 

セネガルでは、管理的に教育することが基本になっています。

課題が終わった子を長い時間待たせておくこと、失敗に厳しいこと、与えたことしかさせないこと、子供同士の関わりをもたせないこと、など子供主体に考えられていないことが多いです。

 

今年度も、子供主体で考える力を付けていくための提案していきたいと考えています。セネガルにない方法をどんどん試します。

 

 

f:id:yuta7watanabe:20191015040948j:plain

午前1時半。

 

家の前は、夜中でも騒がしいことがあります。

夜中というのは0時や1時などの深夜のことです。

爆音で音楽が流れていたり、歌を歌ったりしていることもあります。

何かのイベントなのですが、この間は女性団体の集会が行われていました。

内容はよく分かりませんが、家の前にイスをもってきて座り、マイクでの演説や歌を歌っていました。

セネガル人は、行事ごとになると派手に騒ぎます。イスラム圏なので、お酒が入っていない分、夜通しで踊ったり、歌ったりする方に力を注げるのかもしれません。

みんながそんな雰囲気なので、苦情も出ていないのだと思います。

 

ゴミは地面に捨てる習慣なので、翌日、イベント会場に水の袋が散乱していて、イベントの抜け殻だと分かります。