自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

198 手先を鍛える

この間、

「教室を飾りたいんだけど」と言われ手伝った隣のクラス(1年生)の先生に、

「こっちの教室も飾りたいんだけど」と言われたので、一緒に何を作るか考えました。

 

その先生は「ちょうちょ」を提案してきたので、それに決め、準備をしました。

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

私の活動は算数のことがメインですが、他の教科の支援もボランティアの活動に含まれています。

 

セネガルでの図工は、物の用意が難しいのでほとんど行われていないのが現状です。

今まで見たことがあるのは、先生が黒板にチョークで書いた絵を、ノートに描き写す授業くらいです。

 

ほとんどの子が不器用なのは、当然なことです。

手を使った工作の経験をしたことがないからです。

工作するための「動き」に慣れていません。

 

同時に、

自由に考えたことを、物をはさみで切ったり、のりで貼ったりして、表現する経験もないのです。

 

 

今回、ちょうちょを作るのに必要な動作は、

「折る」

「切る」(はさみ)

「貼る」(のり)

の3つでした。

 

紙を折る動作、

日本だと折り目をきれいにつけるために爪を使いますが、

セネガルの子供の中では、口で紙をくわえて(おそらく濡らしている?)折るのが効く方法だと思われているようです。たくさんの子がやっていました。

 

紙を切る動作、

はさみで切るから簡単だろうと思いました。

だけど、なんだか時間がかかっていたので、

はさみを借りて切ったところ、なんと、切れ味がとんでもなく悪かったのです。

みんなが使っているはさみは大体同じ型のものでした。

そのはさみで切ると、手でちぎった時のようにガサガサになってしまうのでした。

しかも、はさみの奥の方をピンポイントで使わないと、紙は切れないのです。

道具が関係して、切る作業のレベルが難しくなっていました。

 

貼る動作、

のりを使いました。

10人に1つの液体のりしかなかったので、指の上に乗せて、ぬって貼るという作業です。

これも貼るという作業を、ベタベタな手で貼るという一段階難しい作業になっていました。


f:id:yuta7watanabe:20191213034021j:image

f:id:yuta7watanabe:20191213033327j:image



道具の良し悪しでも、作業のレベルは変わることが身をもって分かりました。

 

 

みんな文句を言わずに楽しく作業していました。

1年生の初めての工作だったので、どんな出来上がりでも「いいね!」と声をかけました。

みんな、自分のちょうちょを「見て、見て!」と自慢げでした。


f:id:yuta7watanabe:20191213033444j:image

f:id:yuta7watanabe:20191213033436j:image

 

セネガルの子供は、ダンスが得意なので、その発想が図工の作品として活かせれば面白いと思いました。

 

道具が豊富なこと、手先を動かすチャンスが多いこと、自由に表現できること、など日本の良いところも分かりました。