自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

119 ローカル思考

日常で使うセネガル国内でよく通じるローカルな言葉、ウォロフ語。

 

日常生活は特に不自由はないけど、会話となるとまだまだできません。

このウォロフ語は、口語で、学校で教わることなく、口伝えで引き継がれてきた言葉です。

 

しかし、

今年度(去年10月)から、1年生、2年生で、ウォロフ語の教科書が、アメリカの支援で作成、配布され、授業で教えられるようになりました。

 

理由を聞くと、

学校でフランス語を学ぶ時の基礎になるから、

と教えてもらいました。

 

f:id:yuta7watanabe:20190312032004j:image

ほとんどフランス語が話せない1年生のクラスで、ウォロフ語の授業を見ていました。

棒をもって、黒板をコツコツと叩きながら、文章を読んでいくスタイルです。

かばんを背負いながら授業に参加してますね。

f:id:yuta7watanabe:20190312032012j:image

交代で、何人も読んでいきます。

そのため、授業中の待ち時間が長いのが特徴です。

 

子供が棒を指している部分は、ウォロフ語です。

この1年生レベルの内容でも、私は、ほぼ読むことができませんでした。

 

というわけで、後で先生に聞いて、フランス語で翻訳してもらいました。

 

ウォロフ語を向上させるには、フランス語経由で学ぶのがいいかなと思っています。

 

ローカルな言葉、帰国するときには、もう使わないかもしれない言葉。

 

だけど、学びたい。

 

なぜなら、セネガルには、ウォロフ語しか話せない人がたくさんいるから。

 

この人達とも、もっと通じてみたい。