自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

120 ばんそうこう

教室に、怪我をして、大きめのすり傷から血を出ている低学年の男の子がいました。

 

その子は、ノートの切れ端で血を拭いていました。

文字がビッシリと書いてある紙で、ボロボロになった紙でした。

 

良くない処置だと思ったので、持っていた絆創膏を渡しました。

そうすると、ペリっとはがす部分をはがさずに、傷の所に当てようとしました。

その子は、絆創膏の使い方が分かりませんでした。

 

ペリッとはがしてあげて、くっつくようになった絆創膏を貼ることを教えました。

 

そういえば、セネガルで絆創膏を貼ってるのを見たことがないなと、思いました。

 

子供達は、処置の方法に疎い(うとい)です。小学校に、保健の先生はいません。

 

この間、研修で日本に行ったことがあるという同僚が、

「日本は、本当にきれいだよね!」

と言っていました。

衛生に関して、とても差を感じたようです。

 

衛生感覚は、かなり違っています。

 

子供は、休み時間激しく動きまわっているので、怪我をよくします。

 

この間、頭を打って腫れて、切れたところから血が流れている子の所へ、

先生がどこからかアロエを持ってきました。

アロエだよ、これを塗ると、治りが早いんだ!」

と、子供に駆け寄っていました。

 

なんだか、たくましいなと思いながら、その光景を眺めていました。

 

f:id:yuta7watanabe:20190315030716j:image

屋上は洗濯物干し場になっていて、あちこちにロープが張られています。

よく見ると、とても長〜いロープが端から端に張られています。

f:id:yuta7watanabe:20190315030858j:image

最近は、風が強い日が続いています。

乾燥で砂埃が舞い、塵で遠くの景色がはっきりと見えません。

 

部屋は砂だらけだし、何でも砂っぽいので、

すなすなしていることには慣れました。

 

この辺では、2番目に高いマンションなので、ルーガの街が一望できます。