自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

180 新年度は、10月

教室の前に5人の児童が立っていました。他の児童はすでに席に座っているのに。

 

その5人の子供たち(5年生)はとても暗い表情をして、うつむいていました。

近くの先生に、

「あの子たちは、何をしているんですか?」

と聞くと、

「あの子たちは、留年した子たちだよ。」

と教えてくれました。

 

セネガルでは、毎学年のテストの成績によって留年する制度があります。

その子供たちは、留年した子たちで、1つ下の学年のクラスに入りづらいという理由で立っていたのでした。

 

「入りなさい。」

と言われた子供たちは、しぶしぶ入っていきました。

 

小学校は6年間あるのに、留年をすると7年、8年•••、とすごく長い期間通うことになります。

子供たちの気持ちを察しました。

 

日本のスタートは4月ですが、セネガルは10月スタートです。

 

今週から「徐々に」学校が始まっていきます。

「徐々に」というのは、

・夏休み明けで全員の子供が登校してこない

・他の学校から転校してくる子がバラバラに入ってくる

・先生が研修でいない

などいろいろな理由がからまっていて、ゆったりと始まっていくイメージです。

 

今週は「復習をする週」というざっくりした週なので、子供も先生もまだまだ力が抜けているような状態に見えます。

 

先生がいないクラスの子供たちは、そのまま放置されていることがあります。

 

私も授業を始め、今年度もスタートを切りました。

算数を、いくつかのクラスで行います。

担任とは違って、限られた時間ですが、子供のためになればと思ってやっています。

 

去年行ったことのない学校の様子を見てみたい、ということで学校を探して、新たに1つ学校を訪問してきました。

そこの校長先生に聞くと、

「日本人のボランティアは最近来ていないけど、これを見て。」

と言われました。

 

見ると、校舎の壁には日本とセネガルの国旗が書かれたプレートが!

おそらく、日本の援助で建てられた学校ということです。

プレートには2003年と書かれていました。

f:id:yuta7watanabe:20191011060135j:plain

今まで通っていた学校にはこのようなプレートはありませんでした。

今回は、たまたま、日本が支援をした場所に辿り着きました。

 

日本のことを知っている人に、日本人のことも知って欲しいと思いました。