自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

146 さいごのテスト

月曜は、「聖霊降臨日(6月9日)」の振替休日でした。

キリスト教の祝日で、クリスマスやイースターと並んぶ3大祝日だそうです。

 

今年度、セネガルの小学校では、授業はもうありません。

あとは、テストのみです。

今週の予定は、

火、水、木、金。 全てテストです。

 

セネガルでは、

 1学期が10〜12月。 2学期が1〜3月。 3学期が4〜6月。

  となっています。

今回の3学期末のテストで、次の学年へ進めるかどうか、が決まります。

学期ごとにテストがあって、「3回のテストの平均点」が合格点に達すると、次の学年に上がれます。

 

前に、教室で、こんな話を耳にしました。

 

1年生の先生、同僚女性

「あの子は、4回、1年生をやっているの。

 話を聞いてないから、計算の仕組みが分かってないの。」

という話です。

 

これは、衝撃でした。

4回、ということは、4年間、1年生の教室で勉強しているということ。

その子の様子を見ていると、たしかに集中力がなくて、話を聞いていませんでした。

4年も進まないと、やる気は続かないだろうな、と。

通い続けるのは、厳しいと思いました。

 

留年が決まったタイミングで、他の学校へ転校する子もいたそうです。

 

今週のテストは、1〜5年生のみ、受けます。

 

6年生はというと、別日にテストがあります。

6年生は、合格すると「修了証明書」が出るため、より特別なテストという位置付けになっています。

 

この6年生のテストの通過率は(地域差あり)、60%前後と聞きました。

10人に6人が通過、4人が留年、ということになります。

 

セネガルでは、留年を続ける間に、学ぶことをあきらめてしまう子供がいることが、問題の1つとなっています。

 

日本には、義務教育で留年という考えはないので、

テストの結果で決まる、通過率がどうなるか気になっています。

 

 

前から気になっていた、よく売られている「マッド(ウォロフ語)」という果物を買ってみました。


f:id:yuta7watanabe:20190612204450j:image

f:id:yuta7watanabe:20190612204458j:image

買うときに、

「フランス語で、これはなんて言いますか?」と聞きました。

もしフランス語が知れれば、辞書で調べられます。

「マッドは… 、マッドだよ。フランス語は分からない。」

と言われたので、一旦引き下がりました。

 

手のひらにおさまらない大きさです。


f:id:yuta7watanabe:20190612204523j:image

f:id:yuta7watanabe:20190612204534j:image

割って見ると2つに割れた実が出てきました。いい黄色です。

 

食べてみた感想、ずばり、とんでもなく酸っぱい。

思い出すだけで、酸っぱい。 

 

実の中には、20個以上の種が入っていました。

ジューシーでしたが、酸っぱすぎて、食べているとき、目の下から汗が出ていました。

 

子供がよく食べています。 酸っぱいものがみんな好きです。