自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

126 最東、ケドゥグ

セネガルの東の端の大きな街、「ケドゥグ」に行ってきました。

f:id:yuta7watanabe:20190404074602j:image

住んでいる所とは違く、地面はフカフカした砂ではなく、固めの赤土になっていました。

首都ダカールは最西にあるので、真逆の位置にあります。

 

私の住むルーガから、タクシーを乗り継ぎ、乗り継ぎ、15時間以上はかかった場所にあります。

 

舗装されていない道なき道を右、左とクネクネ、デコボコしながら進み、ようやく街の中心に辿り着いたのでした。

 

目当ては、「ディンデフェロの滝」。

 

ケドゥグの中心から、さらに奥地に進むこと2時間。

f:id:yuta7watanabe:20190405023131j:image

途中、集落をいくつも通り過ぎていきます。

屋根は、藁(わら)で出来ています。

 

となりの国、ギニアのすぐ近くまでいくと、

セネガルにはない、と思っていた山が見えました。

高さは、どれくらいか分かりませんでしたが、久しぶりの山に癒されました。

 

滝を見るために、登山道のような傾斜のある道を30分ほど歩いて登っていきました。

f:id:yuta7watanabe:20190405023124j:image

川が流れていて、地元の人達はその川で洗濯をしていました。

f:id:yuta7watanabe:20190405023040j:image

干すのは木の枝でした。

 

登っていくと、脇に岩肌が見えてきました。

f:id:yuta7watanabe:20190405023028j:image

 

すると、滝が目の前に現れました。


f:id:yuta7watanabe:20190404073424j:image

f:id:yuta7watanabe:20190405023114j:image

 

映画に出てきそう。

しばらく音を聞きながら、近くで寝そべっていました。

 

真下にある水場では、地元の子供達が水浴びをしたり、泳いだりして遊んでいました。

滝に打たれている子もいました。

 

ここだけ見ると、セネガルとは思えない場所で、気分が良くなりました。

 

最後は、セネガル料理のチェブギナー、

シーズン到来のマンゴーで終わり。


f:id:yuta7watanabe:20190404074547j:image

f:id:yuta7watanabe:20190405023105j:image