自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

193 金と幸せ

知り合いのセネガル人の話。

この人は前、家の警備員の仕事をしていました。

久しぶりに会うと、今はバイク(後ろに客を乗せる)の運転手をしているそうです。

1日の稼ぎは3000フラン(600円)と言っていました。

 

1日3000フランとして、

20日働くと、60000フラン(12000円)、

30日(毎日)働くと、90000フラン(18000円)が月給ということになります。

 

 

小学校の算数の問題では、

「労働者の1週間の稼ぎは、14000フラン(2800円)です。」

という一文が出てきました。

4週間働いて、56000フラン(11200円)です。

 

前に同僚から聞いたセネガルの一般的な月給は、最低でも60000フラン(12000円)くらいで、

小学校教員の1年目の月給は、120000フラン(24000円)と聞きました。

 

 

日本と物価が違うので、セネガルの人たちは生活することができます。

よく、

「日本に行ってみたい。飛行機代はいくら?」

と聞かれます。

 

往復を約20万円と計算して、

「1,000,000フランかかるよ。」

と答えると、

「なっ、高っ!」

というリアクションになります。

 

 

近所にある店を開いている人たちは、どんぶり勘定で、ざっくりと仕入れをして、ざっくりと商売をしているように見えます。

 

お金の話になると、口をそろえて、

セネガルは金がない。」

と言います。

 

 

確かにお金は少ないですが、

セネガルの人たちは、人同士がうまく関わって生活しています。

貧しくて、金がなくても、食べていけるような仕組みが文化の中に存在しています。

だからお金がなくても、みんな幸せそうに見えます。

 

セネガルにいると、知らない人でも気軽に話しかけることができます。

それは、助けることが基本の精神が文化の底にあるからかもしれません。

 

 

 

 

イカを初めて丸々買いました。500フラン(100円)。

小さいものでいいと言ったけど、それなりに大きいものを渡してくれました。

 

体重計で計ったところ、なんと5kg! こりゃ重いわけだ。

f:id:yuta7watanabe:20191126044229j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191126044151j:plain

今年も山積みスイカが各地に置かれています。2日で、ぺろっと完食です。