自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

116 凸凹

道が険しい。

 

地方から地方への移動は7人乗りのセットプラスというタクシーで移動します。

 

幹線道路の利用頻度は高いのに、道がほとんど整備されていません。

 

ずっと手付かずになって放置されています。

 

アスファルトで固められた道の至るところには、大きな穴がボコボコと空いています。

 

タクシーにクッション性は無く、無数の穴を避けるために、ハンドルを切りまくります。

マリカーレベルで。

 


f:id:yuta7watanabe:20190228203219j:image

f:id:yuta7watanabe:20190228203225j:image

 

ついには、アスファルトよりも、その脇の砂道がマシなのか、道からはみ出して走り始めます。

 

セネガルは、日本とは逆の右側走行ですが、右にも、左にもはみ出して走ります。

 

車内は、ギュウギュウで身動きが取れないので、快適さからは対極にいます。

 

車酔いしない身体をもっていてラッキーです。

 

f:id:yuta7watanabe:20190228203726j:image

首都の道は割に整備されています。

しかし、

渋滞してくると、脇道に2車線作り、針穴に糸を通すように、走ります。

 

とにかく止まりたくない気持ちが強い、タクシーの運ちゃん達。