自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

124 うちうみ

内海(うちうみ)= 陸地に入り込んだ海、

がある地域まで来てみました。

f:id:yuta7watanabe:20190329023436j:image

小舟に乗り込み、

セネガルでは珍しい「釣り」をしました。

f:id:yuta7watanabe:20190329023125j:image

マングローブが生い茂る景色を横目に、

30分程移動して、魚がいるスポットに案内してもらいました。

f:id:yuta7watanabe:20190329023704j:image

釣りの方法は、原始的で、

糸と針のみ!

エサは、エビを使いました。

 

糸を船から投げて、

勘を頼りに、魚が食いついたタイミングで針を引っ掛ける方法です。

 

1ヶ所目のスポット、2ヶ所目のスポット、と周りましたが、一緒に行った仲間の誰も釣れず。

f:id:yuta7watanabe:20190329024851j:image

3ヶ所目の最後のスポット。

0匹では、ただの小舟観光で終わってしまう、という焦りの中、

船に乗り込んでから3時間が経過した時、

待望の1匹目が釣れました!

f:id:yuta7watanabe:20190329024858j:image

最後の30分で、一気に釣れ、

4人で10匹ゲットできました。

 

気分が良くなったので、

炭と七輪セットを購入しました。

f:id:yuta7watanabe:20190329055429j:image

炭火で塩焼き、白身の天ぷらを作って、

外で美味しくいただきました。


f:id:yuta7watanabe:20190329071437j:image

f:id:yuta7watanabe:20190329064646j:image

一日を有意義にしてくれた、名もなき魚達。