自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

51 何番手

教員養成校に日々通ってます。

 

生徒(教員の卵)が使っているスクールバスを教えてもらったので、バスに乗って通っています。

f:id:yuta7watanabe:20180909035023j:image

このスクールバスは、9月いっぱいで運行が終わってしまいます。

また長々と歩いて通う日々(実は結構慣れた)がやってくるのかぁ。

 

えっ?9月で終わり?

 

9月で講義が終わるからです。

 

早!

 

セネガルでは、

教員養成の期間が9ヶ月間です。

1月に入学した生徒は、9月の最終試験を終えると教員養成校を卒業し、すぐに教員として働き始めるそうです。

 

私は大学で教員免許を取るのに、

2年間+教育実習1ヶ月かかりました。

 

セネガルの教育実習は、9ヶ月の教員養成の前半に、15日×4ヶ所(小学校、幼稚園)、計60日の教育実習を行います。

 

セネガルで教員免許を取るのに、

9ヶ月間(内、2ヶ月間教育実習)です。

 

期間は日本より短いですね。

 

早い人で、20歳から働き始めることができる制度です。

何年も受験し続ける人がいることから分かるように、入学時のハードルを上げているそうです。

 

先週は、毎日午前のみの授業で終わり。

来週は、今までの復習、最終試験のプレテストがあるそう。

 

生徒から聞いた話によると、

最終試験の成績順に、勤務場所が決まるみたいです。

約250人の生徒の内、30位までの生徒は近くの勤務地に振り分けられ、それ以降は遠くの地方勤務に振り分けられる。

 

なんと分かりやすい、成績至上主義。