自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

155 蛇口がポキっとね

夜23時。そろっと寝ようかなと思ってた時です。

何の気なしに、キッチンへ行きました。

 

夜はいつもゴキブリがキッチンへ現れます。

プチなので、いつも気になっていませんでした。

その日は、蛇口の上にゴキブリが這っていたので、

「そこはやめてよ。」

とつぶしにかかり、蛇口を軽〜くたたいた瞬間でした。

 

ポキッ

 

ジャーーー

 

その1秒後には、全身がびちょびちょでした。

大量の水が、噴水の横バージョンで吹き出してきたのです。

勢いが半端じゃありません。

 

蛇口を戻そうと思ったら、古くなった部分がポキっと折れていたので、付く可能性はゼロでした。

その間も、MAXの水が出ています。

その直径1.5㎝くらいの水が出ている水道に、ひとまず指をつっこんで止めました。

 

すごい水圧を感じ、同じ圧で押してないと、押し切られます。

何か指の代わりに「ふた」になるものを考えました。

(もらったばかりの、ワインのコルク栓があった!)

1回手を離して、それを取りにいきます。

離れている間、容赦なく、床にフルパワーで水がまかれていきます。

 

(頼むはまってくれ!) 

サイズはちょうどで、はまりました。

が、

水圧があるので、結局、私が押していないと、指と同じく吹っ飛ばされます。

押していると手が痺れてきました。

 

(このまま徹夜?さすがに無理よ)

と判断し、SOSをするため、大家さんに電話することにしました。

スマホは、はるか遠くに感じる隣の部屋にありました。

 

ほりゃ

 

手を離すと、弱いものいじめのように、またもや水をまき散らかされます。

 

スマホをゲットして、再び、コルク栓を水道にさしました。

片手で電話し、

「もしもし」

大家さんが電話に出ました。

 

「もしもし、こんな時間に何?」

「今!蛇口が壊れて、大量の水が出てる!」

「明日でいい?」

「今!今!」

「何でそんなことになる?何をしたんだ?」

「とにかく来て、助けて!」

「今、ちょうど寝るところだよ。」

「お願い、来て!」

「ちょっと待ってて。折り返すから。」

 数分後

「今、修理の人を部屋に向かわせたから。すぐ来るよ。」

「おぉ!ありがとうございます!」

 10分後。ピンポーン

「こっち、こっちー!入ってきてください!」

セネガル人が1人入ってきました。

「どした?」

「ここ!水が止まらない!」

「元栓止めてくるよ。」

戻ってきても、水は止まりませんでした。

「う〜む。こりゃ止まらないね。ふたになるものはないの?」

「他には、、無いです !」

キッチンの物を見回しはじめました。

なんと、ナイフとふきんを手に持ちました。

「そこどいて。」

水道の穴に、ふきんをナイフで奥に押していきました。

「もう1本ナイフない?」

「持ってきます!」

さらに、もう1本その穴に刺しました。

f:id:yuta7watanabe:20190716064459j:image

なんと、水は止まったのです。

f:id:yuta7watanabe:20190716064520j:image

こういうとき、セネガル人は心強いのです。

 

「明日の朝また来るから。新しい蛇口買ってくるよ。」

と去っていきました。

 

その場であるもので水止めをした修理屋は、お見事でした。

私には、想像できない方法でした。

 

翌日、修理屋が再び来てくれて、無事に新しい蛇口の取り付けが終わりました。


f:id:yuta7watanabe:20190716064614j:image

f:id:yuta7watanabe:20190716064606j:image


その次の日、第2の水道菅が壊れて、また水浸しになるのですが、

また修理屋に来てもらって、新しいパイプを付けてもらいました。


f:id:yuta7watanabe:20190716065001j:image

f:id:yuta7watanabe:20190716064953j:image

4日間の水との戦いに終止符を打ちました。

 

大量にあふれた水は、壁や床に染みこむこと、夜寝ている間、床の傾いている方へ流れて、他の部屋まで流れること、などが分かりました。

 

水が止まらないことが結構な恐怖だということが、身をもって分かった事件でした。