自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

160 いいえ

フランス語で、

「はい」は、Oui.(ウィ)。

「いいえ」は、Non.(ノン)。

 

ウォロフ語で、

「はい」は、ワォ。

「いいえ」は、デーデット。

です。

 

セネガルでの生活で、今だに一瞬止まって考えてしまう瞬間があります。

それは、

「いいえ」と言われたときです。

 

 

小学校では、必要な文房具を持ってない子がたくさんいます。

こんな会話をよくします。

 

私「ボールペン持ってないの?」

子「いいえ。(首を横にふる)」

私「(・・・)、持ってないのね。」

 

日本なら、

私「ボールペン持ってないの?」

子「はい。」

私「持ってないのね。」

 

英語でもそうですが、

セネガルでは、持っていれば「はい。」、持っていなければ「いいえ。」です。

日本では、質問に対して、「はい。」「いいえ。」と答えます。

 

日本での生活が長いので、この逆転現象には、混乱が生じます。

初めの頃は、(どっち?)となって、もう1回聞きなおすことが多かったです。

 

そして、今でも、一瞬考えて、「はい。」か「いいえ。」か判断しています。

これは、自分が答えるときにも同じことなので、もはや赤白の旗あげゲームです。

 

「この料理、食べたことない?」

「はい。あります。」

というように。

 

私たちの当たり前が、相手には当たり前じゃないことを、はっきりと感じます。

 

そういえば、車の進行方向が逆というのは、ずいぶん慣れたことです。

 

 

 

野生のラクダを遠目に1度だけ見かけたことがあったので、近くで見たいと思っていました。

近くで見たい欲求から、地方のさらに奥地へと行きました。

地域住民のラクダ情報を頼りに探した結果、なんと、発見!

f:id:yuta7watanabe:20190802063547j:image

広大な土地に3頭が群れていました。

 

近くまで行って、正面にまわり込もうとしましたが、足が速い!

スタスタと、余裕のランスタイルで走り去ってしまいました。

 

ダッシュでひとしきり追いかけましたが、なんの気無しにまかれました。