自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

195 事件

小学校でストライキがありました。

 

小学校へ向かって歩いている途中、

(あれっ? 子供たちがサッカーしてる。学校がある日なのに。)

と気付きました。

 

子供に聞くと、

「今日は、ストライキで学校はないんだ。」

と答えました。

 

用事があったので、そのまま小学校へ向かいました。

着くと、ほとんどの教室は鍵が閉められていて子供たちもいませんでした。

 

先生が何人かいたので事情を聞くと、

事件が起きたからストライキをしている、とのことでした。

 

事件とは、

「中学校の生徒たちが、先生を集団で暴行した。」

という内容でした。

 

詳しい事情を知っている先生はあまりいなくて、細かい話は分からなかったのですが、それがストライキへとつながったみたいです。

ストライキは、私の住む地域が全体で行われていて、中学校だけでなく、小学校にも影響を与えているので、かなり大ごとになっている印象を受けました。

 

教員が生徒からそんな仕打ちを受けるなら授業はしない、というメッセージなのでしょうか。

事件があった次の日にすぐストライキをあったので、ストライキをするという判断がとても早いと思いました。

 

真相はまた聞いてみます。

 

 

f:id:yuta7watanabe:20191203025754j:plain

学校に生えている木の日陰には、子供が自然と集まります。

木のそばにベンチがあって、そこから跳んで木の枝につかむ、というワイルドな遊びをしていました。

木の枝の耐久性をつかんで確かめると、かなり丈夫でした。

子供たちが跳び移っても平気という強さです。

 

子供たちは木登りも好きです。

木を登る子供を見ると、自分の中の少年心がわくわくします。