自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

220 砂、砂、砂

小学校の休み時間。

学校に1つしかない蛇口に子供が群がります。

 

 

みんな水を飲みにきます。

さらに、男子は頭から水をじゃぶじゃぶかぶります。

気持ち良さそうにかぶります。

 

 

 

今週、砂嵐の日がありました。

風が強く、景色は真っ白になりました。

 

こういう時、意外にも敏感に反応するセネガル人。

布を顔に巻いて口に砂が入らないようにしたり、

持っていたの?と思うマスクをここぞとばかり使ったりしていました。

 

半日外にいたら、顔はざらざら砂コーティングにされました。

 

砂が吹き荒れると、普段は使わないあいさつが追加されます。

 

「ちりは、どう?」

 

セネガルで交わされる多くのあいさつに、これが加えられます。

 

私は返事をします。

「ちり、多すぎるよ!」

 

特に内容のないあいさつですが、言葉のキャッチボールが大切にされています。

 

 

砂が吹き荒れると、

日本では考えられない仕事が増えます。

 

それは「部屋の掃除」です。

部屋の床に砂がうっすらコーティングされるのです。

 

窓を閉めていても?

 

そうなんです。

家に付いている窓を全て閉めていても、砂が溜まります。

 

これは、

日本ほどのクオリティの窓ではないため、各窓にすきまがある。

絶対に閉まらない年中無休オープンな窓がある。

 という理由から、

 

砂を完全に防ぐことができないのです。

 

日常的に砂が入ってくるので、 

部屋ではサンダルを履いて、生活を送っています。

 

 

1人で使いきれない広い砂コーティング済み床をブラシで掃くと、部屋の中に砂ぼこりが舞い上がります。

部屋の中でも、むせます。 

f:id:yuta7watanabe:20200226115300j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200225181842j:plain

漂う砂が落ち着いた後も、遠くの方ではまだ茶色くぼやけた風景が広がっていました。