自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

221 ロンポワン

首都ダカールと地方の発展の2極化がすさまじい。

 

ボランティア隊員の住む家の家賃を比べると、2倍以上の費用がかかるのが首都です。

レストランで食事をすると、どこも高いのが首都。

タクシーは3倍以上の値段がかかります。

 

物価が高いということは、自然とお金を稼いでる人が多く集まります。

高いビルがどんどん建設されています。

車を持つ人が多いです。

 

前はここまで車が増えることを想定していなかったことが、渋滞から分かります。

 

首都には、信号は数カ所だけです。

それ以外の大きい交差点は、「ロンポワン」と呼ばれる交差点になっています。

 

ロン=円

ポワン=地点

「丸い地点」という意味です。

f:id:yuta7watanabe:20200131163428j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200131143140j:plain

このロンポワンは、交差点のド真ん中に円いスペースがあります。

信号なし、待ち時間なしで、交差点に入ってくる車が減速し、そのスペースへ入っていきます。

一方通行の交差点になっていて、出ていきたい道で車が出て行く仕組みです。

 

 

ロンポワンは、日本では「ラウンドアバウト」と呼ばれています。

少ないですが、日本でも全国の複数箇所で存在しているようですが、

見覚えがありません。

 

 

さらに、セネガルの交通ルールは日本と比べると、もはや無いようなものです。

車線変更のときは、ウィンカーを使わず、自由自在に右左状態です。

 

ロンポワンの中で、スキマ、スキマに車が突入し、車が大量に溜まってつまる現象が毎日起きています。

 

交通ルールがほとんど機能していなく、渋滞が頻発しています。

 

 

それに比べ地方は、、

 

車の利用車は限られた人だけです。

 

信号は完全に0ゼロで、渋滞は起きません。

渋滞が起きるほどの車の量はありません。

 

 

首都では、大量の車、ルールがカオス、渋滞。

対応がされないと、今後、渋滞はひどくなるでしょう。

 

これから首都ではさらにビルが建って、車の量が増えていくでしょう。

首都と地方の2極化はどんどん広がっていきます。

 

街がどう発展していくのか、注目しています。