自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

131 イースター

4月21日(日)は、イースター(復活祭)でした。

 

イースターは、キリスト教イエス・キリストの復活を祝う祝日です。

 

毎回思うことですが、

9割以上がイスラム教徒のセネガル

なぜか、1割に満たないキリスト教徒に関わる祝日が、国の祝日になっています。

 

キリスト教徒のセネガル人に招かれて、お祝いに参加させてもらいました。

 

キリスト教の家庭では、

セネガルでほとんど食べる機会のない豚肉を食べることができます。

何回か来ている家で、今回もおいしい豚肉料理をいただきました。

 

f:id:yuta7watanabe:20190423052046j:image

 

イスラム教徒は豚肉を食べないので、基本的には街で売られていません。

 

どうしても買いたいという時は、豚を手に入れることのできる知り合いに頼んで、豚を買うことはできるそうです。

 

地域によっては、売っている店があります。

前に訪れた地方都市では、豚を売っている店があったので、買ったことがあります。

 

大きいかたまりの状態で保存されていて、キロ単位でお願いし、ナタで豪快に切って、売ってもらいました。


f:id:yuta7watanabe:20190423052157j:image

f:id:yuta7watanabe:20190423052204j:image



キリスト教イスラム教も信仰していませんが、セネガル人の信仰する宗教について、目にすることが多くあります。

宗教文化にふれ、信心深い姿を見ることは、貴重な体験です。