自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

178 一石二鳥、一ズボン二札

今は自分がセネガルの中では外国人。

日本にいる外国人とどう接したら気持ちよく関わることができるかについてよく考えます。

 

「シノワ(中国人)!」

と道を歩いていて、言われることが圧倒的に多いです。

これは去年から変わらず続いています。

 

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

決めつけて言って来た人には、

「ジャポネ(日本人)ですよ。」

と穏やかに訂正しています。

 

初めから、

「ジャポネ(日本人)だ!」

と言われることもあります。

 

その時、私の場合、

「そう!そう!日本のこと知ってるの?」

と返します。

初めの「シノワ(中国人)!」に比べると、印象が違います。

自分は、日本というキーワードが出ると、嬉しい気持ちになります。

 

だけど、

「ジャポネ(日本人)だ!」と当てずっぽうで言ってくる決めつけた態度が失礼と感じる人もいます。

 

セネガル人の友達によると、

「中国人や日本人の顔は同じに見えるんだ。」

と言っていました。

アジア系の顔と捉えているようです。

 

確かに、顔だけで見分けが付かないときはあります。

だから、相手の出身国が分からない場合、

「どこの国の出身ですか?」

と聞くことは、良い関係をつくるための、相手のことを思った質問であると言えます。

 

 

 

教員養成校で、学生と関わっていて、漢字にまつわる質問を受けました。

「このお金って知ってる?」

と聞かれました。

 

見ると、漢字の書かれているお札でした。

はっきりと「中国人民銀行」と書かれていたので、

「日本のお金じゃないよ。」と答えました。

 

f:id:yuta7watanabe:20191004062623j:plain

 

この学生は、

(漢字って日本の文字だっけ?)って思い浮かべて、

学校にいる唯一の日本人である私のところに持ってきて質問してくれたのです。

これは、すごく嬉しいことだと思いました。

 

この後のはなし。

 

私「何でこのお札持ってるの?」

学生「ズボン(古着)を買ったら、ポケットに入っててさ。」

私「ズボンいくらで買ったの?」

学生「500フラン(100円)だよ。」

私「えっ!?今、そのお金いくらか調べるわ。」

学生「うん。」

私「1枚が150円だから750フラン、2枚で1500フランだ!もうけてるじゃん!」

学生「よっしゃあ、もうけ!お金替えてこよう。」

私「それ、多分この辺じゃ替えられないよ。」

学生「・・・。」

 

きっと、中国から旅してきたズボンの中のお札が、セネガル人と日本人を笑わせることになるとは誰も考えなかったでしょう。 愉快な会話。